女性

血糖値コントロールで病気予防|長く元気でいるための健康食品

苦しいお腹を解消するには

お腹

女性に多い辛い便秘ですが、薬に頼りたくないときの便秘解消の方法としてお茶を飲むことがあります。水分補給で便通を良くすることに加え、便秘に効果のある成分が入ったものを飲めばより効果が期待できます。成分によっては摂取しすぎると逆効果のものもありますので、生活習慣の見直しなどと併せて適量の摂取が大切です。

View Detail

酵素でキレイにダイエット

清涼飲料水

ベルタ酵素は、業界最大級の酵素数を誇ります。人気の美容成分が含まれており、体の調子を整えるだけでなく美容にも効果があります。普段の食事を酵素ドリンクで置き換え、さらにサプリメントを取り入れることで健康的にキレイに痩せる効果があります。但し、食事は糖質を抑えタンパク質中心とすることが必要です。

View Detail

高血糖を防ぐために

運動

食事の改善

炭水化物などを多く摂取してしまうと血糖値が上昇する傾向があります。主食はあまり食べ過ぎないように注意しましょう。また、食事を満腹を感じるまで食べるのも血糖値を上げる原因になってしまいますので、控えるように心がけることも大切です。また、洋食よりも和食のほうがよいイメージもありますが、炭水化物であるコメやイモ類など炭水化物をあまり食べ過ぎるのは控えましょう。適度に摂取して栄養バランスのよい食生活を心がけることが重要です。また、食事の際に食物繊維のある食べ物を先に食べることで、炭水化物の消化をある程度阻害する効果があります。そうすることで血糖値が上がりにくくなるため、先に野菜やきのこ類などを優先的に食べるのもいいでしょう。

適度な運動

食事をして血糖値が上がり、なんとかして下げたいと考えるならば、定期的に適度な運動をすることが重要なポイントです。しかし、食べた直後に運動してはいけません。食べた後は身体への負担が大きいため、1時間ほど経ってから軽い運動をするのがベストです。極端に激しい運動をする必要もありません。ウォーキングなどで軽く身体を動かす程度でもかまいません。身体を動かすことで脂肪の燃焼を促がし、また、血液中にある糖分も運動によってエネルギーとして変換されます。その影響で、血糖値が下がるので食後から少し時間を空けてから運動するようにしましょう。運動を始めるなら、無理なく20〜30分程度1日でするくらいで充分な運動になるはずです。

消化と代謝に必須な蛋白質

スムージー

酵素はエネルギーと栄養素を得るための食べ物の消化・吸収と体内での代謝に必須の蛋白質です。果物や野菜には消化酵素のアミラーゼ・リパーゼ・プロテアーゼが含まれています。ブロッコリーには健康増進物質の産生を高める酵素ミロシナーゼが入っています。

View Detail